富士五湖制覇


9月18〜19日(土〜日
)
お天気:晴れ
走行距離:1000KM
ツーリングマップル中部・P43ALL(参照)


名神・吹田発で延々と続く高速道路の旅が始まりました。

例によって若干1名が寝坊してます。。。

まぁ,だいたい分かりますよね(笑)

先に予定の休憩場所へ移動しました。

草津Jctで新名神にチェンジして土山SAまで一気に走る。→

新名神では良くある現象なのですが霧が道路を隠します。

新名神は山間部を走るので夏は涼しく冬は寒いのです。

土山SAで待っていると残り1名が現れました。

これで関西組が揃いました。

今回は関東からも1名参加です。

彼には次の休憩場所で連絡する手はずにしています。

新名神の霧はすでに晴れていました。

季候も良く渋滞もなく快適に進みます。

次は亀山Jctで東名阪にチェンジして四日市Jctで伊勢湾岸

にチェンジして,非常に忙しい高速走行になりました。

伊勢湾岸の刈谷PAでは給油&休憩としました。→

予定通り関東組に連絡を入れて任務完了!

豊田Jctで東名にチェンジして渋滞が目立ち始める・・・

遠州豊田PAで休憩した時,とんでも無いメールが入ってた!

最後は富士川SAまで一気に走る。

待ち時間が発生したのでスタバでブレイク。

このSAはスマートインターと言って出入り口が設けられている

のでスマートインターから高速を降りることにした。(初体験)→

下道はK10の川沿いからr396で沼津方面へ。

道は自然とR139となりr380へと続き沼津駅前に着く。

ここで関東組と合流した。(先に待っていた)





その関東組だが,「とんでも無いメール」とは彼からの返信で,

な,なんと!

前々日にツーリングの案内(スケジュール)を送らせてもらって,

確認の返信メールも来たのでALL OKだと思ってましたが,

ツーリングの日程を日→月だと勘違いしていたそうで・・・

ワタシの刈谷PAから送信したメールで気が付いたそうだ(笑)

慌てて身支度をして緊急参戦したのは言うまでもない(爆)

まぁ,ワタシも案内に日付を入れてなかったと言うミスがあった

のですが,配信済のセキマガには日付を連絡してあったので

分かってるもんだと解釈してたのが誤算だった。。。

sekiツーリング至上,最大のハプニングでした(笑)





コレにて全員集合で昼飯を頂きに沼津漁港へと行く。

駅からは非常に近いのでスグに行けた。

ところが,ヒトが多い。

予定していた食事処は有名店でダダ混みだったが

意外と早く順番も回ってきた。

バイク置き場も用意して頂いたので助かった。

その時!同じ方面へツーリングに来られてたお客様と

偶然にも出会しました。

本当にコレは予想外の演出でした。

偶然ってあるんですね!

もっとも,その方達は昼ご飯が済んでいて,

我々は今から食事と時間差は大きく離れてましたが・・・

いやいや,世の中って狭いもんですなぁ。

我々が向ったメシ屋さんは「丸天」さんです。

丼ものを得意としてる店屋さんで店内外もヒトでごった返していた。

我々は2組に分かれて席に着き,

コッチテーブルは海鮮丼を中心とし,

アッチテーブルは変わり種を中心としたB級的ご飯であった。

登場した食事を見てビックリ!

アンリの引き出物でも有名なガトー・ピレネーを彷彿させる

タワー丼が出てきたのだ!!

でも,よくよく見たら(海鮮)かき揚げ丼やった(笑)

もう一品はマグロのテールシチューでした。

コッチは海鮮丼でしたが生シラスや桜エビなどトレトレ産地食材で

美味しく頂きました。

ご飯も大盛りで食べきれないほどでした。

毛ガニのみそ汁もありました。

イクラ・ウニ・ぶつきり丼

丸天海鮮丼(やったかな?)です。

詳しくはHPをご覧ください!


食事までで時間が思いの外経過してたので予定変更です。

伊豆スカイラインはあきらめて,芦ノ湖スカイラインを目指す。

R414からr380に入りR1へ。

そのまま進むと芦ノ湖スカイラインへと導かれる。

道の駅「箱根峠」で休憩して,いざ芦ノ湖スカイラインへ!→

所々,富士山ポイントがあるそうですが雲で見えなかった。

続いて箱根スカイラインへに入ります。

似たような道でした。

気が付くと有料道路は終わりを迎えてました。

共に¥250です。

そのままr401に入ります。

チョット狭い道でしたが動画がりますのでどうぞ!(5分ほど)

国道(R138)に出て御殿場方面へと進みR246でr147へチェンジ

するのだが分からんまま行き過ぎて何とか山中湖方面への

道を確認してお宿へと向うことに。

道はいつのまにかr730となり山中湖に近づいてる。

途中にパノラマ台があったのでチェックしておいた。

カメラを構えた方が大勢居たのでスグに分かった。

なぜなら,明日の早朝に行こうと思ってたので場所確認には

最適だった。


ここでお詫びと訂正

配信済のセキマガでは新五合目でハイキングを予定していました

が,空前の富士登山ブーム勃
発で駐車場や

周辺道路が大変な混み具合とだと情報をキャッチしたので

急きょ方向転換しました。

また,この日の為にトレッキングシューズを購入された黄Maxさん,

意味が無くなってしまって申し訳ありませんでした。

まぁ,sekiツーでは行き先に辿り着かないコトなんて

当たり前なのでコレはコレでヨシとします!







宿は湖畔道路(R413)沿いだったので簡単に分かりました。

夕食を先に済ませたのですが,昼が遅かったので折角の

美味しい料理が残念なことに全部食べきれない事態に・・・

ホントに美味しかったんですよ!

女将さん!!

お風呂を済ませて近くのコンビニで買い出し買い出し。

ボーイズトークの内容をココではお伝えできなくて残念デス!

明日のために日付が変わった辺りで就寝しました。




翌朝も天気は上々でした。

起きた時は曇りでしたので宿から富士山を見ることが出来なかったが

宿を出てパノラマ台に着いた頃には富士山も顔を出していました!

パノラマ台にはカメラ愛好家の方たちが陣取ってはりました。

よそよそしくバイクを駐車して,愛好家に負けないくらいの(気持ちで)

デジカメやケータイで撮影大会が始まりました(笑)

まずは一言!

この目で見る富士山はやはり感動します。

写真やテレビで見るとは大違いです。

日本一の山,富士山は何度見ても迫力満点です。

来て良かった!

てか,晴れてくれて良かった。。。

数十分は滞在したでしょうか・・・

そろそろ次の湖を目指し移動します。

来た道を戻り,r729で湖岸沿いに進みます。

ここはまだ山中湖ですが湖面から逆さ富士も見られる絶好の場所。

でも今朝は凪って無いので残念ながら写ってません。。。

逆さ富士は冬場とかだと穏やかで見るチャンスがあるのでしょうか・・・

良く分かりませんが一度は見てみたいものです。

山中湖岸 湖面から逆さ富士は見れませんでした。

r729からR138へ入り,コンビにて遅い朝飯としました。

早朝に出発したかったので宿は1泊夕食付とし

朝食はお断りしました。

R138→R139で東恋路を右折して河口湖大橋を渡りR137となる→

しばらく走るとr708で右折,トンネルの手前なので分かり易い。

御坂峠の山頂へ行くと・・・(1分半だけの動画もあります)

そこは行き止まりだった。(通行止め)

ある乗り物だけが行き来を許されるトンネルがあります。

冒険心豊なsekiツーリングはトンネル内を歩き始める。

出口には・・・何にも無いw

再び山頂にある天下茶屋前で大撮影大会の始まり始まり!

ここから見る富士山も日本一でした!

てか,ドコから見ても日本一やねんけどね(笑)

河口湖と富士山の展望がステキな山頂でした。

登山客がバスで上がってくるルートになってます。

ライダーもそれなりにやって来る。

集合写真で最後はまとめて山を下りることにした。

来た道を戻り河口湖沿いのK21を走る。

大石公園で湖畔からの富士山もキレイだ。

初夏にはラベンダーも咲いてたそうで,時期が遅かった。。。

代わりにラベンダーソフトで勘弁して!って食べたいだけやん(笑)





トンネル入り口 通行止めの看板有り トンネル出口 何も無かった・・・
富士山と河口湖 天下茶屋
逆さ富士(笑)
大石公園 ラベンダー(ソフト)と富士山





K21を西へ進むと西湖があります。「サイコ」と読みます。

この県道も湖岸沿いをクネクネ走るので楽しめますが交通量は多い。

R139で出たら左折して鳴沢へ向います。

9月でも十二分に暑いので,ヒンヤリスポットをご紹介します。

鳴沢氷穴です。

聞いたこと無い?

それならココで勉強していって!

富士山周辺には大小さまざまな洞窟があり,青木ヶ原にある

鳴沢氷穴が代表的なもので,真夏でも氷柱が見られるコトで有名

なのです。ヒンヤリスポットとはココから名付けられました(ウソです)

では中に入ってみたいと思います。(¥280)

結構なヒトの数,エライ並んでいます。

20〜30分待ちでようやく中へ入ることが出来ました。

氷穴内は0℃だそうです。

近づくに連れて気温が低く感じます。

腕組みしないと寒いです(笑)

そして中に入ってみると非常に寒く半袖は失敗です。

何のためにライダースジャケットを着て来たのか分かりません。。。

地面もツルツルで滑りやすい環境,しかも洞窟だけあって天井も

低かったりします。子供がちょうど良い高さでした。

そんな探険ごっこを満喫しながらようやく氷柱と出会えました。

そこらじゅう氷の世界になってました。

この奥は立ち入り禁止で神秘的な世界を醸し出しています。

ミナサンも機会があれば是非ともお立ち寄り下さいね。

少し移動して道の駅「鳴沢」で昼にしようと思ってたのですが,

えらいヒトが多くて先に残りの2湖を回ることにしました。

時間は有効に使わないと帰る時間に差し支えるからです。


国道(R139)に出て次なる湖,精進湖を目指します。

小さな池・・・いや,湖なのでスグに周回できます。→

R358に進みr706で湖岸沿いをグルッと反時計回りで周遊します。

また国道(R139)に出て,いよいよラストは本栖湖となりました。

富士五湖制覇も目前であります。

R300に入りr709で湖岸沿いを今度は時計回りに周遊します。

この709は意外と狭い道ですね。

路面もパットしません。

R300に出る手前の展望台が有名な旧5千円札の裏絵にもなった

逆さ富士が見られる場所です。

この辺から分厚い雲に覆われる始め,

我々の富士五湖制覇もコレにて終止符が打たれました。。。→

この先で遅い昼飯として郷土料理の「ほうとう」をいただきました。

ツーリングの目的も達成したので関東組とはココで解散としました。

我々はR139を南進して富士インターを目指し帰路へ。

やはり周辺道路は渋滞していました。

クルマの数が非常に多い,そう言う意味ではクルマだけではなく

バイクも相当な台数を見たツーリングとなりました。

普段では某米車のグループが多いのですが,今回は国産グループ

もタクサン見ることが出来,まだまだ捨てたもんではないなぁと

実感しました。

ココ近年騒がれてる,若者のクルマ(バイク)離れは事実ですが

ライダーの頑張ってる姿を見てワタシ達もモット頑張らなアカンと

思いました。

高速の前に西富士道路(有料)があるのですが無料化社会実験で

難なくETC通過,そのまま富士インターに入り東名高速で帰ります。

遠州豊田PAまで一気に走り休憩しました。(遠かったw)

この先の豊田Jctが渋滞発生で,さらには四日市Jctも余波が・・・

休憩を増やしながらゆっくり帰ることにしました。

赤塚PAで休憩し豊田Jctで伊勢湾岸へチェンジしました。

Jctの渋滞は緩和されないままでしたので刈谷PAでも給油・休憩。

そこで第2の偶然が発生していたそうですが分からないまま・・・

四日市Jctで東名阪に入った頃にはココの渋滞も和らいでいた。

亀山Jctで新名神にチェンジして土山SAで休憩。

草津Jctから名神となり大津SAで晩飯休憩として解散しました。

出口は各々で違いましたが,第3の偶然があったそうです。

高槻付近で追い抜いて行ったそうです。

参加されたミナサマ並びに偶然にもお会いしたN様,

長旅お疲れ様でした。

また,富士山に行きましょう!!